ペットカウンセリングセンター

飼主様からよくあるあんな質問やこんな質問にお答えします。


 

 

Q1:

最近ペットの臭いが気になるのですが。

A1:

臭いはさまざまな病気の予兆です。気になる部分はどこでしょうか。

 

詳しくは


 

Q2:

子猫をもらって来たのですが、避妊手術はいつ頃したら良いでしょうか?あまり早いと良くないと聞いたのですが・・・。

A2: 生後6ヶ月以上であれば、早過ぎることはありません。

1回目の発情期前(生後半年~1年)に受けておくと尚よいでしょう。

 

詳しくは


 

 

Q3:飼っている犬が最近、夜鳴きをしたり、歩き方もおかしい気がするのですが、痴呆症でしょうか。

A3: 医療の技術が進みペットも高齢化する傾向にあります。それに伴って痴呆症も増えています。

痴呆症の症状にはさまざまな傾向が見られますので、普段からのペットの様子に気を配り、様子が変だなと気が付いたら早めに診察にお越しください。

 

詳しくは


・ペットのにおい

それぞれの部位によって家庭で出来るお手入れの方法をご紹介しています。
お口のにおい 歯みがき
  • 子犬のときから歯みがきを始めましょう。
  • 口の中が健康な状態から歯みがきを始めましょう。
  • 犬・猫に合った歯ブラシ&歯みがきを選びましょう。
  • 歯みがきの後は、しっかり褒めてあげましょう。
    ご褒美も忘れずに!(ご褒美にはデンタルガムが理想的です。)
  • 毎日決まった時間に歯みがきしましょう。
こんな時は病院へ→ ●歯石がある
耳のにおい 耳のお掃除耳の洗浄
  • 専用の耳洗浄液をペットの耳に垂らし、柔らかい脱脂綿などでやさしく拭いてあげてください。 
  • 定期的に してあげると、健康状態もチェックできます。
こんな時は病院へ→ ●掻いている  ●赤く腫れている  ●耳垢が多い
皮膚のにおい シャンプー&ブラッシング
  • 皮膚の状態に合わせてシャンプーを選びましょう。
  • ぬるま湯でよく濡らし、シャンプーをしっかり泡立てて、マッサージしながら、根元からしっかり洗ってあげましょう。
  • 2度洗いしてあげるとより良いでしょう。
  • ぬるま湯でよくすすぎ、タオルなどでよく拭いて乾かしてあげてください。
    ドライヤーなどを使用するときは熱すぎないよう気をつけてください。
こんな時は病院へ→●赤みがある  ●痒みがある ●ブツブツがある● フケが多い

お電話ください

☎06-6375-8555


大阪市北区のフレックス動物病院

〒531-0074 大阪市北区本庄東2丁目2番2号