予防接種について


直接ほかのワンちゃんと接触していなくても、便や尿などに病原体が存在しています。靴の裏にくっつけて家に持って帰り、家のワンちゃん猫ちゃんに感染することもあります。  予防接種は病気を予防するためのものです。 ワンちゃんネコちゃんの調子のよいときに接種してあげてください。
   
 


●狂犬病ワクチン ¥2,500    接種済証発行 ¥550(税込)

 

●登録費用 ¥3,000(税込)


*済書発行及び登録は大阪市在住の方に限ります。


 生後3ヶ月齢以上の犬は年1回のワクチン接種が法律で義務付けられています。

 2003年9月3日の『China Daily』は、中国全域で、狂犬病患者が増加しており、2003年前半には約550名の人が感染、前年度より90名も増加したと報じています。 現在日本では発生していませんが、貿易が盛んになっているため、中国から船に乗って狂犬病の犬が上陸するなど、日本でも発生する可能性は高まっています。 

 狂犬病は過去の病気ではありません。必ずワクチンの接種を受けていただきますよう、お願いします。

●混合ワクチン

生後2ヶ月齢と3ヶ月齢に接種。1回目の接種が早い場合は、3回目の接種が必要です。その後は年1回の追加接種を受けてください。

5種

・犬パルボウィルス感染症
・犬ジステンパー
・犬伝染性肝炎
・犬アデノウィルス2型感染症
・犬パラインフルエンザウィルス感染症

¥6,000
7種 5種+
・犬レプトスピラ病(カニコーラ型・イクテロヘモラジー型)
¥8,500

8種

7種+
・犬コロナウィルス感染症
¥9,500
3種 ・猫ウィルス性鼻気管炎
・猫カリシウィルス感染症
・猫汎白血球減少症
¥5,000
5種

3種+
・猫白血病ウィルス感染症
・猫クラミジア病

¥8,000

※ 料金はすべて税別現金支払い会員価格です。
 

犬の伝染病

犬パルボウィルス感染症
犬ジステンパー
激しい下痢・嘔吐・食欲の減退などが起こり、子犬では突然死を招くこともあります。伝染力が強く非常に恐ろしい病気です。
感染犬の鼻水・目やに、尿などから感染します。下痢・発熱・結膜炎や神経症状があらわれます。死亡率の高い恐ろしい病気です。
犬パラインフルエンザウィルス感染症
犬アデノウィルス2型感染症
咳・鼻水などの風邪の症状を示します。
犬パラインフルエンザと同様に咳などの呼吸器系疾患を起こします。
犬伝染性肝炎
犬レプトスプラ病
感染犬の便・尿・唾液などから経口感染します。下痢・嘔吐・食欲不振などを示し、肝炎を起こします。
尿毒症・腎炎などを引き起こすカニコーラ型と、黄疸などの症状を起こすイクテロヘモラジー型があります。人畜共通感染症ですので出来れば予防して頂きたい病気です。
犬コロナウィルス感染症
 
激しい下痢を起こします。
 

猫の伝染病

猫ウィルス性鼻気管炎
猫カリシウィルス感染症
ひどいくしゃみや咳、鼻炎などの呼吸器症状や結膜炎を起こします。高熱で食欲はなくなり、典型的な風邪の症状が見られます。
くしゃみ・鼻水・発熱など風邪のような症状から、進行すると口の周りに潰瘍が出来ます。ひどいときには急性の肺炎で死に至ることもあります。
猫汎白血球減少症
猫クラミジア病
白血球が少なくなる病気です。高熱・嘔吐・食欲がなくなり、下痢になると脱水症状を引き起こします。 感染力、死亡率ともに高い病気です。
目や鼻から菌が進入し、結膜炎・鼻水・くしゃみ・咳などの症状が見られます。肺炎を起こすこともあります。
猫白血病ウィルス感染症
 
白血病やリンパ腫などの血液のガン、貧血・流産などを起こします。病気に対して抵抗力がなくなるため、いろいろな病気を併発しやすくなります。3年以内に80%が死に至る恐ろしい病気です。
 
 

☎06-6375-8555

お電話ください


大阪市北区のフレックス動物病院

〒531-0074 大阪市北区本庄東2丁目2番2号