ワンちゃんの認知症外来


 

 

ワンちゃんも人と同様に歳をとっておじいちゃん犬、おばあちゃん犬になっています。

認知症のワンちゃんが増えています。


日本獣医師会・須田沖夫著 家庭動物の高齢化対策より

人間同様、ペットの高齢化が進んでいます。犬では20年ほど前は10歳程度の寿命が今では16歳位になり人間でいうと110歳にも届くようになりました。

これは、犬の生活環境や食べ物に起因することが多いと言われています。

高齢化に伴い、認知症状とみられる動物も増えました。

徘徊(家の中を時間に関係なく走り回る)、状況に関係なく吠える、とくに屋内での飼育や密集地の住宅やマンションなどの集合住宅では、近隣のお住まいの方への配慮が大切な時代にそのような症状は飼い主への大きな負担になります。

なかには、どうしても手に負えなくなり、可愛がっていたワンちゃんと別れる事になるケースもあります。

フレックス動物病院ではドッグドック(ワンちゃん専用健康診断プログラム)を行っておりますが、認知症に特化した専門外来を設置することにいたしました。

 第一に薬物療法、食生活を中心にした生活療法などを用いて飼主様と一緒にワンちゃんの認知症を乗り越えていきたいと考えております。


年齢換算表

小型犬・中型犬     大型犬        人間       猫   
  1年 12歳  
1年   17歳 1年
  2年 19歳  
1年半   20歳 1年半
2年   23歳 2年
  3年 26歳  
3年   28歳 3年
4年   32歳 4年
5年   36歳 5年
6年 5年 40歳 6年
7年   44歳 7年
8年 6年 48歳 8年
9年   52歳 9年
  7年 54歳  
10年

56歳 10年
11年 8年 60歳 11年
12年   64歳 12年
13年 9年 68歳 13年
14年   72歳 14年
15年 10年 76歳 15年
16年   80歳 16年
17年   84歳 17年
18年   88歳 18年
19年 13年 92歳 19年
20年    96歳 20年 

※この年齢比較表はあくまで目安です。種類によって若干の違いがあります。



お電話ください

☎06-6375-8555


大阪市北区のフレックス動物病院

〒531-0074 大阪市北区本庄東2丁目2番2号